自転車の運転に対する法律を

自転車を運転することは、大人ばかりではなくて、子供であっても日常的に行っています。しかし、自転車を運転するということは、実はさまざまな制約や決まりごとがあるのです。自転車というのは、自動車と同じように、車両の一部として法律的には定められています。そのため、自動車と同じような制約や決まりごとを守って、運転する必要があるのです。例えば、自動車で法定速度をオーバーして走行すると、スピード違反で検挙されます。これと同様に自転車も、法定速度をオーバーして走行すると、スピード違反で検挙されるのです。もちろん自転車は、自動車ほどスピードが出ないので、スピード違反で検挙されることは稀です。しかし、ロードレーサータイプの自転車などでは、かなりのスピードを出すことが可能になります。また、下り坂の場合には、平坦な道とは異なって、かなり加速することがあるのです。そうしたときには、自転車でも検挙されることがあります。こうしたことがあるために、自転車の運転に対する法律を学ぶ人が増えているのです。